[統計GIS活動奨励賞及び統計GIS研究助成について]>[統計GIS活動奨励賞実施要領]

平成30年度 統計GIS活動奨励賞に関する実施要領


 公益財団法人 統計情報研究開発センターでは、その設立目的等に照らし、発展を続ける地理情報システム(GIS)と統計情報を一体的に利用する「統計GIS」についての理論、技術開発及び応用に関する活動を奨励するため、「シンフォニカ統計GIS活動奨励賞」を授与することとしています。
 今年度は下記により実施します。

◆     ◆     ◆

目的
 統計GISに関連する分野の活動を行う人又は団体等に対する統計GIS活動奨励賞の授与を通じて、統計利用の進歩、発展に資する。
名称
「シンフォニカ統計GIS活動奨励賞」
対象
 統計GIS活動奨励賞の対象は、次の各号の一を目的とする活動に積極的に取り組み、当該活動を通じて統計GISの推進・普及に相当の成果を挙げ、又は相当の成果が期待できると認められる人又は団体等とする。
  1. 統計GISの整備・充実
  2. 統計GISの普及・利用
  3. 統計GISに関する広報・啓発
  4. 統計GISに関する研究・教育の推進
  5. その他の統計GISの改善・発達
授与件数
1〜2件程度
選定方法
  1. 一般推薦又は委員推薦に基づき、当財団に置かれた選考委員会において受賞者を審査・決定する。
  2. 本年度の選考委員は次のとおり。
    委員長  岡部篤行 (青山学院大学地球社会共生学部教授)
    委 員  梅沢 豊 (東京大学名誉教授)
     角本 繁 (東京工業大学特別研究員)
     高阪宏行 (元 日本大学文理学部教授)
     美添泰人 (青山学院大学経営学部招聘教授)
     久布白寛 ((公財)統計情報研究開発センター理事長)
     會田雅人 ((公財)統計情報研究開発センター専務理事)
表彰
  1. 奨励賞受賞者には、平成31年1月中旬に事務局より連絡する。奨励賞の授与は、平成31年2月13日に開催予定の統計情報セミナー(東京)冒頭において行う。
  2. 受賞者(団体等を含む)には、賞状及び副賞(20万円)を贈呈する。


【 一般推薦について 】


 当財団では、広く候補者の発掘に努めています。
 上記実施要領の対象に該当するような積極的な活動をご存知の方は、次の推薦書により、事務局までご連絡ください。
 審査結果は、1月中旬に事務局より推薦者にご連絡します。


推薦方法
 当財団所定の推薦書を以下からダウンロードし、必要事項を記入の上、ハードコピーを事務局にご送付ください。なお、FAX、e-mailでの受付は致しません。

推薦書のダウンロード
   [Word形式] [PDF形式]

受付期間
   平成30年10月1日(月)−11月20日(火) 17時必着
   ※ 平成30年度の一般推薦受付は終了いたしました。

提出先
 
   統計GIS活動奨励賞事務局宛
 
問い合わせ先
 
   統計GIS活動奨励賞事務局


Copyright (C) 2018 Sinfonica All Rights Reserved.