シンフォニカ案内

  財団の設立目的
 公益財団法人統計情報研究開発センター(Sinfonica:Statistical lnformation Institute for Consulting and Analysis)(以下、当財団という)は、 統計情報の利活用技術その他の統計技術に関する調査、研究、開発、コンサルティングその他の統計情報の広範、かつ、 有効な利用を促進する事業を行い、もって統計利用の進歩、発達等に寄与することを目的として、平成4年7月、内閣総理大臣許可 による公益法人として設立されました。新公益法人制度の施行にともない、平成24年3月、内閣総理大臣による公益財団法人移行の 認定を受け、平成24年4月から、「公益財団法人統計情報研究開発センター」として新たにスタートいたしました。

  事業の内容
1.統計情報の利活用技術に関する調査・研究等に関する事業
当財団では 統計情報並びに情報通信及び情報処理技術を活用した調査・研究・開発を行っています。また、近年、科学研究費を扱える機関に認定されたこともあり、自主研究はもとより、外部からの委託研究、共同研究も積極的に受け入れています。さらには、有効に利活用するためのデータ編成などに関するコンサルティング等についても、積極的に対応しています。主な調査・研究は、次のとおりです。  
自主研究
  • 統計データの二次利用の促進を図るため、統計データの利用に当たっての有用な利用マニュアル等の作成に関する研究
  • 小地域統計データによる統計地図作成と都市地域分類に関する研究
  • 統計GIS ソフト「G-Census」の普及促進に関する研究
科学研究費補助金に関する研究
  • 新世帯類型の構築と世帯構造の変動に係る長期時系列分析
  • 戦後伝統芸能興行の標準化済みデータベースの整備
  • アジア地域の政府統計(家計関係)ミクロデータのリサンプリングによるデータベースの作成
共同研究
  • 地理情報と統計情報の利用に関する共同研究

調査・研究・開発の成果は、それぞれ報告書としてまとめるほか、随時、機関誌「ESTRELA」「Sinfonica研究叢書」などに掲載しています。

2.統計GIS活動奨励及び研究助成事業
統計・GIS に関連する分野の活動の一層の活性化を目的として、奨励及び研究助成等を行っています。
  • 統計GIS活動奨励事業     
    統計・GISに関連する分野の活動に積極的に取り組み、当該活動を通じて統計GISの推進・普及に相当の成果を挙げ、又は相当の成果が期待できると認められる個人又は団体等を対象とした、統計GIS活動奨励賞を設けています。
  • 統計GIS研究助成事業     
    大学又は研究機関において、統計・GISに関連する研究に従事する若手研究者(教員・大学院生・研究者)を対象とした、統計GIS研究助成制度を設けています。
  • G-Censusプレゼンテーション資料作成コンテスト     
    地理情報システムと統計情報の一体的利用について普及を促進するため、「G-Censusプレゼンテーション資料作成コンテスト」を実施しています。

3.統計情報の普及・啓発等に関する諸事業
統計情報の多角的有効利用を促進するため、統計情報及び統計理論・技術に関する知識の普及・啓発を行っています。主な事業は次のとおりです。
  • 機関紙「ESTRELA」の毎月刊行・配布
    統計・情報通信・情報処理技術の専門的論文のほかコラム、エッセイなど幅広いコンテンツで構成
  • 「Sinfonica研究叢書」の刊行・配布
  • PSI(ポケット統計情報)の刊行・配布
  • 統計実務基礎知識の刊行・販売
  • 統計調査員のしおりの刊行・販売
  • Web による統計情報発信事業
    統計情報の発信、主要な統計情報の長期時系列及び統計ソフトウェアの提供
  • 統計GISの普及活動
    「G 空間EXPO2012」(パシフィコ横浜)への出展等

4.統計講座、統計情報セミナー事業
  • 統計講座の開催
    民間企業、地方公共団体等の統計実務担当者を対象として、統計実務基礎研修、統計グラフ指導者講習会及び統計実務講習会を開催しています。
  • 統計情報セミナーの毎年開催
    近年のテーマ「GISの展望と国勢調査データ等の活用 」「人と地域のためのGISと情報管理」「人口減少社会における地域政策のための統計とGIS」など

  • 5.全国統計大会及び統計グラフ全国コンクールに関する事業
  • 全国統計大会の開催(国との共催により毎年開催)
  • 統計グラフ全国コンクールの毎年開催

  • 6.統計調査総合補償事業
    統計調査員等の賠償事故の補償及び統計調査員同行者の災害補償を目的とした事業を行っています。

    7.統計関連の学会等支援事業
    統計関連学会等、研究機関、教育機関等が活発な活動を行えるように、統計に関する協会、学会事務の支援を行っています。

    8.開発途上国等への統計技術支援及び国際協力に関する事業
    当財団は、統計に関する国際会議、国際交流に対して積極的な支援・協力を行っています。


    ※ 尚、当財団では、統計情報や統計利用技術に関心をお持ちの団体のために、会員制度を設けております。詳しい内容につきましては、こちらをご覧ください。

    Copyright (C) 1996 Sinfonica All Rights Reserved.